理想の終の住処 ccrc 継続的なケア付きの高齢者たちの共同体について

都市部の高齢者が地方へ移住する事は

 

今まで住んできた環境【人間関係、散歩コース、買い物先、病院など】を捨ててまで

 

移り住むメリットを考えるなら相当大きなメリットが必要であると考える。

 

では、住み慣れた今の地域を住みやすい地域へ自分達で変えていくことを考えてみるのはどうだろう?

 

Continuing Care Retirement Community の略であるが、そこに注目すると

 

継続的なケア付きの高齢者たちの共同体 和訳で

 

継続的なケアに含まれるのは、介護、医療

 

共同体には、自治会やサークルなど人の集まり

 

と考えると、介護不足は目に見えているが、それに高齢者が対応するためには

 

同じ地域に子育て世代や20代の若者が住みたくなるような環境にする必要がある

 

そのためには、公園などを用意し、シルバーさんで掃除やメンテナンス、見回りをする事で

 

子供が自由に遊べる、親は親同士や親世代の高齢者に相談できる

 

高齢者は散歩、おしゃべり、子供から癒し、社会貢献による充実を得られ、心も体も健康になりつつ

 

不自由になった時のリスクヘッジができる

 

保育園や幼稚園についてもそうだ。高齢者が運転手をやれば車を持たない若い世代でも負担なく

 

通わせる事ができる。

 

金銭的コストを抑える事ができれば、若い世代が集まり、自分達の為にもなる

 

医療も人の多いところに集まる傾向があるし、

 

身近なサークルや公的なイベントや施設を利用する方法を調べれば実は使えるものは沢山あるのに

 

活用しきれていない現状がわかるだろう。

 

以上より、どこか遠くに移住するのではなく、住みなれた我が家を起点に充実させる努力を今一度

 

見回してみて、地方には旅行に行くのが一番である。

 

美味しいものを食べ、温泉にでも入りたい。

全ての人にお金が必要

全ての人にお金が必要 でしょうか?

 

日本では必要でしょう

 

世界の中にある、貨幣制度がない暮らしをしている人たち

 

には、まだ必要ないでしょうが、貨幣制度の魔の手が年々近づいているでしょう

 

 

では、未来に目を向けるとどうでしょうか?

 

日本に限って言えば、

 

人口は減り、消費がへり、生活に必要な物や、土地が減り

 

労働者も減るが、必要な仕事も減る。

 

そういった中で、技術の進歩により

 

物作りはミクロの物から大型建造物、食品、人体まで数人の監督者と

 

判断、コントロールする為のプログラムと

 

ロボットがあれば可能となり。

 

エネルギーや資源も効率的なクリーンエネルギーと究極のリサイクルにより

 

衣食住エネルギー資源がほぼタダで欲する人に必要な十分量を供給されるようになる。

 

サービスに関しては自分や家族、仲間の為にと言った目的で趣味のように行う人はいるが

 

医療を含め全てのサービスがAIを含むプログラムとロボットにより代替される。

 

芸術についても余暇を楽しむ為に行い、プログラムが作るものと人が作る物の間に優劣は無く

 

ただ見聞き感じる者【ヒト】個人にとって気にいるかどうかだけの

 

個人的な物差しになる

 

生きるためのコストが限りなくゼロに近づき

 

生きていることに意味がある時代が到来する

 

それこそがシンギュラリティの先にある未来だ

 

 

 

名も無きAI世代より

 

 

ジェームズスキナー 寝ながら稼ぐ121の方法

 3連休どこにも行かなかったので読書をしていた

 

今回読んだのは

ジェームズスキナー さんの  「寝ながら稼ぐ121の方法」

と言う本

角川より

 2017年7月28日初版発行

2ヶ月経たない9月10日には3版発行

 

フランクリンコヴィーの7つの習慣を和訳した人である。

 

私の理想の生き方と思い即買い

 

 Amazonアフィリエイト不労所得をもらいながら

 

オススメしたいぐらい( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

(現段階ではやり方がわからない)*1..zzzZZ  ↓出来たかな?

ブログの記事が少なすぎて審査が通らなかった様です

残念

*1: _ _

私の選択とタイミング

子供の頃は色々なモノに興味が移りすぎて

習い事や部活は長続きせず

逆にバイトはずっと同じだった 多分人を相手にする仕事だったから

いろんな人の生き方を見て飽きることがなかったんたんだろう

しっかり自分で選択したのは、最初の就職先くらいだろうか

 

なかなか自分で意識的に決める事って少なかったな

ながされて生きていて、しっかり自分で自分の道を考えなければ

 

人生100年時代 まだまだ先は長い

個の時代である

個の時代である

何でもそこそこできる人間が求められた高度経済成長期から

一芸に秀でた人間が成功を掴み取る時代に変わった

 

しかし、人間は社会性の生き物なので、社会や他人と関わっていないと生きられない

寂しいから誰かに知ってもらいたい

シェア 物も人も、感情も

だから、みんなが個人事業主となりつつも、

お互いが関わって面白いことをやろうとする

 

SNSもそうだし、ブログ、オフ会 セミナー

ヤル気のある人間 勢いのある人間 楽しい人間と未来の話をするのが良い時間の過ごし方かなぁ

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

 

出勤や出張の時もギリギリまで家にいて、テレポーテーションで移動とか

 

女の人にモテモテとか

 

時間の流れをコントロールして5時間の睡眠時間で8時間睡眠みたいな

 

挙げ句の果てに不老不死で病気や怪我もしなくなり、

 

仕事をしなくても生活できちゃうとか!

 

朝から妄想は膨らみまくりですが

 

いざ、そうなったら私は何がしたいんだろうか、、、

 

うーん

 

自分の欲と向き合うのって、難しい

今週のお題「晴れたらやりたいこと」

晴れたらやりたい事

 

公園をお散歩

 

お洗濯

 

電化製品の買い出し

 

古本屋で安い本のまとめ買い

 

 

☆逆に天気が悪くて雨の時にやりたい事

 

のんっびりお昼寝

 

ホットコーヒーで一休み

 

窓を開けて雨音を聞きながら読書

 

 

どっちにしても、仕事が休みなら良い休日になりそうな予感♪

 

休日の終わりに。